宅建士を取得するならリングス不動産販売、リングス賃貸管理へ!新卒、中途採用受付中(本庄市・熊谷市・伊勢崎市)

教育・資格取得

  • HOME »
  • 教育・資格取得

新入社員研修・教育システム

リングスグループは、不動産ビジネスのプロ集団であるとともに、「真心サービスN0.1」をモットーにホスピタリティマインドをもった人材を育成しています。入社後は、各種OFFJT研修やOJT研修制度を通して、経験のない方も安心して接客や業務の基礎が身に付けられます。

OFFJT研修

  • 社会人マナー研修
  • 賃貸基礎知識
  • 不動産基礎知識
  • 社外研修

OJT研修

  • 上司、先輩の同席同行
  • ロールプレイング
  • 他部署体験

宅建士(宅地建物取引士)資格取得支援制度

働きながら宅建士(宅地建物取引士)の資格を取得するなら、リングスグループへ。当社では、各種教育研修制度、資格取得制度、社内勉強会などが充実し、毎年社員が資格取得にチャレンジし、一定の合格者を輩出しています。

宅建士(宅地建物取引士)とは?

宅建は不動産の売買や賃貸の事業を行う上で不可欠な国家資格です。この資格なしには、不動産事業を営むことができません。不動産会社は、従業員5人に1人の割合で、専任の宅地建物取引士を置くことが法律で定められています。ちなみにリングスグループでは、社員の約31%が宅建資格保有者です。
従来、宅建は宅地建物取引主任という名称でしたが、平成26年の法改正で、宅地建物取引士(宅建士)に変更されました。これにより、宅建士は、医師や弁護士、税理士などと同様に「士業」の仲間入りをしたことになり、「国家資格で人気No.1」の地位を不動のものにしています。

宅建士(宅地建物取引士)資格取得支援制度

(1)専門講座で学ぶ

休日を利用して、宅建士合格の登竜門、日建学院で専門講座を受講する制度です。新卒者が対象。5月から10月にかけて休日に集中して学び、試験に臨みます。受講料の一部は会社負担(合格者)となります。

(2)社内勉強会で学ぶ

リングスグループでは、宅建士を取得した先輩から、受験のテクニックや知識が学べる「社内勉強会」を定期的に開催。一人で勉強していると、不安になったり、挫折してしまいがち。そんなときに、頼れる先輩がたくさんいるのが強みです。

(3)試験合格後の待遇

宅建士試験に合格した方は、以下の待遇をご用意しています。

  • 法的講習会費用・・・会社負担(新卒入社一年目に限る)
  • 登録費用・・・会社負担(新卒入社一年目に限る)
  • 合格祝い金・・・5万円支給
  • 資格手当・・・毎月20,000円加算
  • 受講料一部負担・・・日建学院の受講料を一部還付(新卒入社一年目に限る)

宅建士(宅地建物取引士)合格状況

リングスグループでは、毎年、多くの社員が宅建士を受験し、一定数の合格者を輩出しています。

過去の合格実績

  • 平成22年 4名
  • 平成23年 1名
  • 平成24年 2名
  • 平成25年 3名
  • 平成26年 3名
  • 平成27年 3名
  • 平成28年 2名
PAGETOP
Copyright © リングスグループ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.